最低賃金をクリアしているかの確認方法

自分の賃金が、最低賃金をクリアしているのか、
どうすれば確認できるのでしょうか。
厚生労働省のサイトに、地域別最低賃金の全国一覧、
および特定最低賃金の全国一覧が載せられています。
この最低賃金額は時間額になっています。
時間給の場合は、そのまま自分の地域の最低賃金額と比較できます。

その他、日給制の場合など、最低賃金額以上となっているかどうかは、
以下のように比較します。

・時間給制
時間給>=最低賃金額(時間額)

・日給制
日給÷一日の所定労働時間>=最低賃金額(時間額)

・日給制(日額が定められている特定最低賃金が適用の場合)
日給>=特定最低賃金(日額)

・月給制
月給÷一ヶ月の平均所定労働時間>=最低賃金額(時間額)

・出来高払制、請負制によって定められた賃金
出来高払制、請負制によって計算された賃金の総額÷賃金計算期間の総労働時間数
上記の計算で出た金額>=最低賃金額(時間額)

・時間給制や日給制の組み合わせ
それぞれの計算式により時間額に換算する
上記を合計したもの>=最低賃金額(時間額)

上記の計算をする場合、賃金から最低賃金の対象とならない賃金を
除かなければなりません。
除外される賃金、手当は、以下のようなものがあります。
・結婚手当など臨時に支払われる賃金
・賞与
・時間外割増賃金
・休日割増賃金
・深夜割増賃金
・皆勤手当、通勤手当、家族手当

自分の賃金を確認し、もし最低賃金額以下だった場合には、
まず会社に伝え、改善されないようなら、
労働基準監督署など相談しましょう。

↑ ページの上部へ